5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦争でも起きないかな

1 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:19
日常からの逃避さ

2 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:24
時は戦国、世は地獄
オレは足軽大将として前線にいた。
ちょっと先には敵が布陣している。
「奴さんも同じ事考えているんだろうな」その考えとは・・

3 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:24
戦争萌え〜♪

4 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:27
>3
萌えるな!!

5 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:27
その考えとは目の前の川をどうわかるかということだ。
我が軍の別働隊がこの川の上流を堰き止める準備をしている。
川の水がなくなったところで一気に攻めようと考えている。
気になるのは天候だ・・・

6 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:28
地元の農家の長老に聞いた。
明日は晴れると言いきった。


7 :美雪:2000/04/25(火) 23:32
<6
笑えた。まったく意味不明です。

8 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:32
俺はその情報を聞いた途端に長老の首をはね、村を焼き払った。
敵に情報が漏れるのを防ぐ為だ。「悪く思うなよ、時代が悪かったな」
地獄に落ちる覚悟は出来ている。「地獄」と言ってもここほどは悪くないだろう、そう思いながら・・・

9 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:42
陣中に戻ると、脱走を企てたものが捕らえられていた。
脱走兵は公開処刑が原則。軍紀を引き締める為には仕方ない。
「おねげぇします!殺さないでくだせぇ」「黙れ!」殴られる脱走兵。
「死にたくないか・・・よし、敵陣へ一人で行け。ただしこっちへ一歩でも引き返したらその時は撃ち殺す」
敵軍が川を渡ってくる不審者にどう反応するかを見てみたかったのだ。
そいつがいる前で堂々と作戦会議をする。これも作戦のうち・・・


10 :名無しさん:2000/04/25(火) 23:50
脱走兵が川を渡り始めた。
両軍の火縄銃がその脱走兵に照準を合わせている。
男は川の真ん中まで来た所でプレッシャーに耐えきれず叫び声を上げながら走り出した。
敵足軽が棒を構えている。男が渡りきった所で棒で叩かれ捕らえられた。
この男から情報を聞こうと言うのだろう。もちろん本当のことなぞ知っているとは思っていない。
ただ、オレの考えを推理する材料にするだろう。しかし、解るまい。これは単なる余興なのだから。

11 :名無しさん:2000/04/26(水) 00:08
>10
面白い。自作?出典あり?

12 :名無しさん:2000/04/26(水) 00:11
結果はすぐに出た。
高く掲げられた長槍の穂先に男の首が刺さっていた。
なんの判断材料にもならぬと考えたのだろう。当然だ。
陣に戻ろうとした時、男とぶつかった。
「何をしている?」「アレはオレの兄貴だ」
男はそう言うと鎧通しをオレの鎧から抜いた。
そう、ぶつかった時に刺されていたのだ。
遠のいていく意識の中で繰り返し言った。
地獄に行きたくない、と。

13 :名無しさん:2000/04/26(水) 00:15
>11
適当な妄想です。
疲れたんで主人公を殺しちゃいました。

14 :名無しさん:2000/04/26(水) 13:59
>13
なかなか面白かったです。
小説でも書いてみれば?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)